看護師は患者さんに最も近い位置にいるスタッフとして、様々なアドバイスをする必要があります。
特に近年は生活習慣についてのアドバイスをするケースが多くなってきています。指導の場面では、当たり前と思ってしまうようなことを丁寧に伝えなくてはいけないことが多いです。

「睡眠時間を十分にとったり、栄養バランスに優れた食生活を送ったり、定期的に運動したり、といった習慣を作りましょう」という程度のことをアドバイスする場合がしばしばあります。
簡単なことではありますが、それができていない患者さんが多いからです。
しかし、患者さんからふいにその理由を聞かれると、答えに窮してしまうことがあります。

「当たり前のことだから」と考えてしまっていて、そこに理由を求められるとは思ってもいなかったという看護師が実は多いのです。
逆によく勉強している看護師の場合は、高いレベルで説明するのは難しくなくても、患者さんが理解できるレベルで簡単に説明できないという状況に陥ってしまう場合もよくあります。

患者さんと常に接する立場として、医療に関する豆知識というレベルで色々なことを知るように心がけると、問題は解決に向かいます。
「豆知識レベルでアドバイスしよう」という認識を持って必要な指導を行うようにすれば、コミュニケーションが円滑になります。
まずは医療知識を身につけ、よく噛み砕いた医療の豆知識というレベルで患者さんに伝えられるようになると、信頼を得ることができますよ。
情報はこちらでゲット→【意外と役立つ医療の豆知識

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required