介護の道を選んだ看護師にとって、医療現場での経験はあまり必要ないと考えてしまう場合があります。
しかし実際働きだしてみると、必要になる看護スキルのほとんどは病院やクリニックでの勤務経験を生かしたものになるのが通常です。

そのため、最初から介護施設系に就職した場合は、スキルの無さに苦労してしまう場合が多いです。
ある程度は、病院やクリニックに勤務して経験を積む方が良いのは確かでしょう。

スキルに加えて、医療に関する豆知識を習得しておくのも大切です。
高齢者の相手をする場合が多い介護施設では、相手にするのは常に目上の方々。基本的なバイタルチェックを行うだけでも、少しでも不快に感じられるとすぐクレームにする神経質な高齢者さんは居るのです。
そのため、脈拍の測定や、血圧を測るのにも細心の注意が必要になる場合はしばしばあります。
相手に不快感を与えない測定のやり方を、豆知識として得ておくと良いでしょう。
介護施設では、現場に滞在している看護師が少ないことが多く、なかなか他の人に教えて貰うチャンスがありません。

しかし、病院やクリニックなどの医療現場であれば、空いた時間に豆知識を伝授してもらえる機会が多く、患者さんにとって不快感の少ない看護スキルが確実に身についていくでしょう。
そのため、介護施設で活躍したいと考えるのであれば、ある程度は医療現場で経験を積んでおいた方が無難なのです。その方が、現場で受けるストレスも少なくて済みますよ。